比較のポイントを解説!医学部を目指す人の予備校選び

他の学部との違いをよく考えたうえで候補を比較することが重要

医学部を目指す人にとって予備校の選択は非常に重要なポイントです。
単純に有名なところに決めてしまうと、十分な学力の向上を望めない場合があります。
そう聞かされると何を基準に選ぶべきか迷うケースもあるでしょう。
そこで重要になるのは、医学部という特別な学部を志望していることに対する意識です。
言い換えると、他の学部との違いをよく考えたうえで候補を比較することが重要になります。
まずはその違いについて詳しく把握することが大事です。
工学部や理学部などと同じく、理系の学部であることは明らかでしょう。
それらと大きく異なるのは圧倒的に偏差値が高いということです。
大学によって具体的な数値は異なりますが、ほぼ例外なく全ての学部の中で最も高いと考えておきましょう。
そのような偏差値に自分を到達させるには、尋常でない努力が必要になります。
もちろん他の学部を志望する場合でも、その偏差値が自分より上であれば頑張らなければなりません。
その求められる上がり幅が非常に大きいということを深く理解しておくことが先決です。
実現できるかどうかには、予備校のカリキュラムの質が大きく関わってきます。
理系ということでコースを一括りにしているところは避けたほうが良いでしょう。
工学部や理学部を受ける人と同じカリキュラムを受けていたのでは、他のライバルには太刀打ちできない可能性が高いです。
したがって、できるだけ医学部専用のコースを用意しているところや、予備校そのものが専用であるところを選ぶのが望ましいです。
ただし、専用だからといって安心してはいけません。

自分の道を進む人は誰でも英雄です。

Byヘルマンヘッセ

— 医学部予備校紹介センターbot (@Igakubuouen) 2018年11月17日

他の学部との違いをよく考えたうえで候補を比較することが重要 | 説明会に参加して実情について質問した方がよく分かります | 自習環境が整っていることも大事なポイント